スクリプト末尾の段階の標準出力を止める--quietオプション

スクリプト末尾の段階の標準出力を抑制したいなら、--quietオプションを使う。

input='1行目
2行目
3行目'

script='# 何もしないスクリプト'

echo "$input" | sed --quiet "$script"

上記は何も出力しないが、抑制するのはスクリプト末尾の段階の標準出力のみなので、下記のようにpコマンドなどによるスクリプト中の出力は行われる。

input='1行目
2行目
3行目'

script='p # 現在のパターンスペースを出力'

echo "$input" | sed --quiet "$script"

パターンスペースの処理の流れを理解しなければ、pコマンドと--quietオプションの挙動で混乱する。